不動産テックニュース

不動産をビジネスにする方、投資家向けに注目記事をまとめてお届け!

【他言無用】いまさら聞けないDeFi

こんにちは。久しぶりに更新になります不動産テックニュース。最近、雑事に追われ更新できず、ニュースの機能を果たしていない(反省

 

気を取り直して、今回は、私自身、流れにかなり遅れをとっておりまして、いまさら恥ずかしてく人に聞くに聞けない「DeFi」について、まとめてみました!不動産にも大いに関係する金融に関する最新の動きとして要チェックです!

1.「DeFi」ってなに??

DeFi(ディファイ)とは、「分散型金融」Decentralized Finance)の略です。明確な定義があるわけではないようですが、

・特定の管理主体を必要としないパブリック型ブロックチェーンにある(イーサリウムなど):オープンソースコミュニティで開発されることが多い

「スマートコントラクト」(ブロックチェーンと結び付けて契約を自動で執行・記録させる仕組)を活用

・(暗号資産に関する)金融サービス

という点を特徴としています(2021.4日銀レビュー)。

 

といってもまだよくわかりませんが、ざっくり私の中のイメージは、「従来の金融機関などの仲介者を介さずとも成り立つ(≒分散型)金融サービスの仕組みだと理解しております(とりあえず、いろいろなものと組み合わさるDeFi2.0の前の世界・・)。

 

2.どれぐらいの規模のマーケットになってる??

DeFiのマーケットサイズを見るのに、よく使われる指標がTVL(Total Value Locked)=「代表的な分散型金融サービスに預けられている暗号資産の総額」です。

DeFi Pulse - The Decentralized Finance Leaderboard

というサイトのトップページにそのグラフが記載されていますが、執筆時点(10/27)で、約1040億ドルなので約11兆3000億円となっています。

 

昨年11月頃には、200億ドル程度なので、この一年弱で5倍に。

 

その要因としては、ビットコインなどの暗号資産の価格がアップダウンしつつも、上昇する中で、その貸し借りができたり、「ガチホ」だけじゃない運用手段が使えることに魅力を感じる方が多いからという指摘があります。

 

3.DeFiにはどんなサービスがあるの??

①DEX(Decentralized Exchange:分散型取引所)

ある暗号資産(仮想通貨)を違う種類の暗号資産に交換する場合、交換業者の「取引所」を使う場合(中央集権的な取引)とは異なり、スマートコントラクトを利用して、安価な手数料で自律的に行う仕組が、DEXです。

 

その代表的なプレイヤーが、Uniswapです。

uniswap.org

Uniswapは後発組ですが、先にローンチしたサービスの欠点(暗号資産の交換に不可欠な流動性が足りなかったことなど)を、流動性の提供者にインセンティブ(報酬)を与えることなどで解決し、取引高を増やしています。

 

なお、Uniswap自体は規制がされていないため、多種多様な暗号資産を取引することができますが、中には眉唾的なものもあると言われ、よくよく注意が必要です。

 

②レンディング

貸し手の利用者から暗号資産を預かり、これを他の者にスマートコントラクトで自律的に貸し出すのがレンディングです。

 

代表的なプレイヤーは、Compoundです。

compound.finance

貸し手は、流動性プールに自らの暗号資産を差し入れ(lockされ)、代わりにcTokenを受け取る。このcTokenを戻すと、利息付きの暗号資産を回収するという仕組で、貸し借りを自動で行っています。

 

4.まとめ

DeFiの世界、いかがでしたでしょうか?

オープンソースでの新しいサービス開発は、これまでwebの分野では無償で行われていたのです、ブロックチェーンについては、上にあるような仕組を活用することで、プログラムの開発者も利用者も何らかの報酬を得ることができるようになり、イノベーションが加速する一因になっているとも考えられます。

 

これからも新しい動きを追って参りますので、引き続きよろしくお願いいたします!